ベビー用品全般について扱います。ベビー服の肌着について。

ベビー用品情報 トップページリンク

ベビー服の肌着の種類

ベビー服の肌着について。

”インナー”とかとも呼ばれるベビー服のことなのですが、
体や肌がとてもデリケートな赤ちゃんのために、素材やその下着の特性など、凄く気を使ってあげなければならないことが凄く多いのですが、そんなに気構えする必要は無いでしょう・・。

ベビー服のアウターなども、デザインや肌触りなどが、お母さんたちの好みで選びやすいのですが、こうした肌着なども、赤ちゃんの成長や、行動範囲の広さなどの、成長によって、またはお着替えやオムツの交換などのしやすさから選んでみてはいかがでしょうか。

短肌着

丈が短くなっている肌着の事を言います。
肌着の前の部分を合わせて着させる格好となるために、
この肌着を着せる際には、寝かせる場所にあらかじめ広げておいてやると、寝かせたまま着けさせることができるので、お着替えなどの際はとても楽です。

長肌着

上記の短肌着の丈が長いバージョンとなります。
短肌着で寒いような場合には、コチラを着せておいてあげることで、寒さから赤ちゃんを守ることにもなります。寒いときなどの場合あ、短肌着の上から着せても良いでしょう。

ボディスーツ

欧米などでも使いやすいとして良く使用されているということのようです。
ボディスーツの名の通り、前身を一枚の肌着で包んでしまうような格好となっています。
このボディスーツは、上からTシャツなどの様にかぶせて着させて、股の方で止めるタイプなのですので、オムツを変えるのも楽な面があります。アウターに着けるカバーオールと組み合わせることも少なくなく、良く動く赤ちゃんには最適の肌着といえるでしょう。

合わせ肌着

短肌着とボディスーツの良い部分を合わせたような肌着の事です。
短肌着の様に前で合わせることで、まだ首の据わっていない赤ちゃんに着せる事が容易な面と、ボディスーツの様に股で止める部分もあるため、ボディスーツの様にフィットする感覚をも合わせ持つベビー服です。

ラップアップ

この肌着の種類は、股の部分を止めている部分を外すと、股を覆っている部分だけが開くようになっているので、オムツを替える際などに非常に便利な肌着となっています。
一日に何回もオムツを替えるのが面倒だ・・というお母さん達には、こうしたベビー服が非常に有用ではないかと考えます。

コンビ

この肌着は、長肌着とにて、丈の長い肌着となっていますが、長い丈の足の部分に”止め”が付いているので、これで足の部分をくるむ様に止めると、長肌着の様に足の部分がはだけるという心配がありません。

この他にも、赤ちゃんの肌着になるベビー服は、素材なども考えてあげなければなりません。赤ちゃんの肌に優しいベビー服を選ぶようにしてあげましょう。

ページ上部へ戻ります。

pickup

林田学 評判
http://archive.fo/R1D3m

Last update:2017/4/3